精神的な負担も少ない!

ゲストが多いと華やかではあるがその一方で気遣いも・・・

近年増えつつある家族婚は、なんとなく地味に感じる人もいるかもしれません。けれども身内だけで行うこじんまりとした挙式なので、精神的に楽であるというメリットもあります。
ゲストが多い挙式は確かに賑やかで華やかではありますが、準備も大変ですし、挙式当日も失礼がないように常に気を張って疲れてしまう新郎新婦も見られます。相手側で初めて会うゲストが多い場合は、緊張してしまう人もいるでしょう。
引出物や引出菓子においても、みんなが気に入ってくれるようなアイテムを考えて用意するのもまた一苦労かかるものです。
勿論親しい中にも礼儀ありで、身内だけの結婚式でも基本的なマナーや気遣いは必要ですが、それでも家族なので気が楽な部分が多いと言えるのではないでしょうか。

両家の両親にとっても、気が楽で済む家族婚

ゲストをたくさん呼ぶとなると、それなりに広いスペースの結婚式場で挙げることになります。披露宴会場が広いと、中には新郎新婦との距離を感じるゲストも多いものです。新郎新婦のご両親が気を遣ってビールをつぎながら挨拶して回る姿もよく見られますが、会場が広く挨拶して回る人が多いと、それだけでお父さんお母さんも大変でしょう。
新郎新婦だけでなく二人の両親も、ゲストが多いと精神的に疲れてしまうものなのです。
家族婚であればご両親にとっても気心知れた親戚だけなので、久しぶりに会ってみんなで和やかに宴会を楽しむことができます。
お互いの両家親族の顔合わせのようになる場合もあり相手の家に気は遣うものの、これからもずっと付き合い続ける人たちになるので良い機会になることでしょう。

通常の結婚式を挙げると、やはり数百万円の費用が必要となります。費用を抑えたい方には、家族で結婚式を挙げる事がおすすめです。