低コストで効率的!

家族婚って実際どんなもの?

昨今少人数結婚式・家族婚など本当に親しい人だけの挙式をするカップルが増えています。実際に少人数での挙式を考えている人は「寂しいものにならないの?」と不安もあるかもしれません。そんな人たちのために今回は少人数結婚式について説明します。
少人数での挙式には大きく分けて2つのパターンがあります。1つは一般的な披露宴のように丸テーブルなどでゲストによって分かれて座るタイプです。もう一方は長テーブルに新郎新婦含めて全員が一緒に座り食事をするタイプです。家族だけではなく数名友人などを招待する際は前者、家族婚の場合は後者を利用することが多いようです。本当に親しい人たちだけの挙式なので全員が2人をあたたかく祝福し「寂しい」ものにはなりにくいと言えます。ただ、にぎやかなことや目立つことが好きな人にとっては少し物足りないものになってしまうかもしれません。

少人数結婚式のメリット

少人数での挙式を行う最大のメリットは結婚式の準備が比較的簡単でコストも抑えられることです。また、出席者1人1人とゆっくり話をし感謝を伝えることができるのも少人数ならではです。プレゼントを贈る場合にはそれぞれに違うものを用意できるのも嬉しい所です。また、ゲストによっては堅苦しい挨拶もする必要がなくリラックスして挙式に臨むことができます。コストを浮かせた分、スライドショーや演出にこだわるカップルも多いようです。
メリットがある一方で家族以外のゲストを呼ぶ際は招待する人としない人の線引きが難しく余興が少ないというデメリットもあります。デメリットを踏まえた上で少人数での挙式を検討するようにしましょう。少人数結婚式は親しい人たちに囲まれて一生忘れることのできない素晴らしい挙式を挙げることができるのです。

結婚式を家族だけで考えているなら、気兼ねなくゆったりとした雰囲気なのでおすすめです。一生の思い出となり、親孝行できることでしょう。